上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年早々、洗濯機が壊れました。あぅ。
思いがけない緊急事態。6年使用。保障期間はとっくに過ぎてるorz。買ったときは新製品で結構いいお値段したのよね。娘が生まれるってことで奮発して買ったのを覚えてる。

とりあえず、今の洗濯機事情がどうなってるのか見に家電店へ。
この際、ドラム式!と鼻息荒く出かけたものの、予算を軽ーくオーバーしてるので選択肢から泣く泣くはずすことに。縦型の洗濯乾燥機なら6年前買った時の値段で買えそうです。
気候のいい時はいいが、梅雨時や、冬場の曇天の洗濯は嫌なもの。すっきり乾かないのも嫌だし、部屋中に洗濯物がブラブラぶら下がってるのも嫌もうっとうしいですよね。勤めていて昼間家にいないなら部屋干しも気にならないかもしれないが、一日中家にいる専業主婦にとって部屋干はかなり嫌なものだと思いませんか?というわけで乾燥機能付の洗濯機を購入することに。

買ったのはコレ。
TOSHIBA(東芝)タテ型洗濯乾燥機(8.0kg)『Wターンウォッシュ 』AW-80VC-W(ピュアホワイト)

ネットで評判が良さ気に感じたのは日立の「白い約束」だったのですが。
【クレジットOK!送料無料!】日立 タテ型洗濯乾燥機(8キロ)「洗乾 白い約束」 NW-D8GX-A(...
壊れた機種も日立の「白い約束」だったorz。洗濯物の仕上がりには何の不満もなかったけれど、6年で動かなくなるのはちょっと辛いです。いまどきの家電は機能が細分化されてて、その分、昔の原始的な家電より故障しやすくなってるように思われます。

ナショナル 7.0kg洗濯乾燥機【税込】 NA-FV7001-A [NAFV7001A]
ナショナル贔屓の私的には、この機種も候補に揚がったのですが、どうもデザインが気に入らなくて(笑)。使いだせば、デザインなんて気にもならないのでしょうが。

と言うわけで、家電としてははじめての東芝さんの洗濯乾燥機に賭けてみることにしたわけです。

タテ型の乾燥機能の弱点は、容量の小ささと、シワでしょうね。
ネット上でもシワの問題はどうしようもないとされていたし。
実際タオル類と下着を乾燥にかけてみましたが、シワシワながらもタオルはふんわり、化繊の下着はカラカラに乾いてた。しかし綿のハンカチがとんでもない形で固まってたのが衝撃でした。綿製品は絶対乾燥機にはかけないほうがいいですね。コインランドリーのどでかい乾燥機のような仕上がりを縦型洗濯乾燥機に求めるのは酷という結果に。想定内ですけれど(笑)。
フィルターも綿ぼこリがたくさん溜まるので乾燥機能を使うたびに掃除が必要です。面倒くさがりの私にはこれは想定外(汗)。

乾燥機能がついているというだけで、ずいぶん気持ちが楽です。雨の日が数日続いても、タオルだけはふんわりと乾かせる。そう思うだけでシアワセ(←小市民)。
でも、出来れば洗濯物は青空の下でおひさまの光をたくさん受けて乾かしたいですね。(花粉症の方、スミマセン^^;)

もうひとつ嬉しいことが。「洗濯槽乾燥」の機能がついていて、洗濯が終わる度に乾燥しておけば、あの黒カビ発生も押えられそう。コレには購入まで気がつかなかったのさらにシアワセになりました(笑)。

また気がついたことがあれば追加レポします。
何はともあれ、満足なお買物でした♪(支払いの件は別として)
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://kakone.blog40.fc2.com/tb.php/83-7d5ae03a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。