上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.13 ロックミシン
ただひたすらにニット生地と戦かう一週間でした。

2万円ミシンでのニットソーイングの道はなかなか険しい?かと思われましたが、たくさん失敗を繰り返すうちに、自分と娘が着る物ぐらいは何とか作れるかも?というレベルになってきたかしら。ニット生地はほつれないので裏の仕上がりさえ気にしなければロックミシンがなくても何とかなるもんです。(←私基準)

d081215_3.jpg 無謀にも私のタートル。

これも生地は手芸・生地のたけみやさんのてんこもりニットの中の一枚。少々薄めの生地で透けるんだけど、チュニックやワンピの下に重ね着する分にはいい生地です。肌触りはとてもいいしシッカリしています。
パターンはWildberryさんの無料パターン。
オデブの私には少々フィットしすぎかしら?特に二の腕がぁっ。でも重ね着用と思えばこの位のタイトな感じの方がいいかも・・・なので結果OKでしょう。タートル部分は果てしなく長いです(笑)。寒がりさん向け。
作り方は思ったよりずっと簡単。ミシンさえ使いこなせば、ですが。娘の紺色スパッツでかなり要領を得ていたので比較的スムーズにできたわ。

d081215.jpg 同じ生地で娘のスパッツも。

これは前回と同じpolkadropsさんの無料パターン、ナチュラルスパッツで作りました。今回は裾にレースも付けて何とか失敗なく膝下丈になりました。足のラインがでないゆったりめのスパッツです。ギャル系の娘のイメージとは少々ちがうけど、オシャレというか防寒の為に、そしておパンツが見えないように履かせたいと思います。
この2着で白のニットは使いきりました。4枚で1000円の商品だったから、単純計算するとこの2着で材料費250円です。たけみやさんありがとう。

d081215_1.jpg d081215_2.jpg 調子に乗って娘のTシャツも作った。

これもてんこもりニットの中に入っていた生地です。とっても幅のひろい生地だったので子供用Tシャツを裁断してもまだまだ何着も作れそうです。
パターンはこの本から。
 Check & stripe布屋のてづくり案内

表紙の写真にもなっているボーダーTシャツのパターンの130cmで作ってみました。
そしたらサイズが大きいのか、ミシンが悪いのか、私の腕が悪いのか(←多分コレ)、首がビローンと広くて肩が見えそうな襟ぐりになっちゃいました。
なので急遽、後の襟ぐりをつまんでタックをとって補正し、アラ隠しにトーションレースを付けてみました。本当は胸元にカッコいいエンブレムでも付けようと思っていたけど、レースを付けちゃったもんだからテイストが・・・。なので手持ちのさくらんぼちゃんのミニミニモチーフをつけました。これでなんとか着てもらえそう。

ニットソーイングって結構楽しいですね!多少ゆがんだりしても伸びるので目立たないし、それほど神経質にならなくてもいいところが気に入りました(←神経使えよー)。

我が2万円ミシンもなかなか使えるもんだなぁと感心しているトコロなんだけど、やっぱりロックミシンが欲しいです。

高い物はモチロン買えないのでコレなんかどうかしら。

JUKIミシン【送料無料】JUKI ロックミシン MO-114D

ベビーロックミシン2本針4本糸ロックミシン (株)ジューキ アーチザン630

前回の記事よりロックミシンの性能と価格が上がってるのは気のせいではありませんよ。色々と自分なりに調べた結果です。やっぱり2本針4本糸のほうが何かとよさそうな気がしています。特にニットを縫うのには。先日紹介した1本針3本糸よりも1万円ほどお高いんですが、4万円以内だしなんとか捻出できないかなぁ。

サンタさんのポチかな?お年玉のポチかな?
私の中で買わないという選択肢はないようです。問題はいつポチッとするかです(笑)。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://kakone.blog40.fc2.com/tb.php/177-5538d05d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。