上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.12 コアリズム
健康上の理由から体を動かしています。
 DS 歩いてわかる生活リズムDS 任天堂(発売中)

↑年始に買ったコレ、生活リズム計を毎日持ち歩き、記録してるよ。


それと数日前からとうとう始めました。
 キャー恥ずかしい。

ビリーはどうした?とかツッコミはなしでお願いします。
お友達が基本プログラムを貸してくれたの。以前から興味があったので嬉しいー。
で、早速やってみた。ブートキャンプに入隊していた私にとっては
楽勝
嘘です。スミマセン。確かにビリーに入隊した時ほどの苦痛感はないけれど、
日本人にはあの腰のフリはムリですってば。でも、楽しい♪
そしてビリー隊長の時もそうだったけど、吹き替えが面白すぎます。ツッコミどころ満載です。

正しく踊れるかどうかは別として結構やみつきかも。やってる姿は人様にはとても見せられませんけどね。そして巷で噂されているような劇的効果も実感できませんけどね。
しばらくは楽しく踊ってみようと思います。すぐ飽きると思いますが。
スポンサーサイト

我が家のビデオカメラは8年前のもの。娘が生まれてから大活躍してくれたものの、撮ったビデオテープをどうするべきか悩んでいました。ビデオカメラが壊れてしまえば再生の方法がなくなるし、ビデオテープ自体も劣化してしまう。しかし古い機種ゆえにパソコンに映像を取り込む事もできず、DVD化する事も出来ないのです。頭を抱えていたところだけれども最近救世主を見つけたのです♪

 ソニー DVDライター VRD-MC5

入力端子が今持っているビデオでも使えるんです。今各社からでているDVDライターは入力端子が専用の物だったりUSBだったりして、古いウチのビデオとは繋げません。これはそれをクリアしてます♪
レビューを見ると使い方も簡単らしい。PCに取り込む方法を考えるのは何だか難しそうだし、映像を編集したりはしないし、ましてや編集に耐えうるハイスペックなPCは持ってないし、ダイレクトにDVDにダビングできるのはお手軽で私向きじゃないでしょうか。
お値段が3万弱ってところがまったくお手軽じゃないけど、業者にDVD化してもらうと同じかそれ以上のお金が掛かるわけですし。
それにハイビジョンのDVDレコーダは我が家にはまだまだ手の届かない存在です。薄型テレビもまだ無いのでハイビジョンを語る資格ないです(恥)。このDVDレコーダは一応ハイビジョンで撮影した映像も保存できるのでとりあえず、新しいビデオカメラを買ってからも使えるだろうと見込んで。

というわけで商品についての最終確認の為に近所の家電店へ。
不安に思っている事、今後のビデオカメラ&テレビ購入のことも含めて、いろいろと質問をし、商品については充分納得。最後にお値段交渉を試みましたがあえなく撃沈。
しかしめげることなく、にこやかに「検討します」って返事をして帰宅。ネットで速攻ポチしました。
ネットですと家電店の店頭価格より5000円以上安くできるのはリサーチ済みでしたからね。

商品が到着してすぐにDVD化に挑戦。
あれ?ッて言うぐらいに簡単!取扱説明書は読んでいないけど感覚で操作できる。ビデオカメラで再生しながらボタンひとつでDVDに書き込んでくれる。時間は掛かるけど、こんなに簡単なんだー。今まで色々とDVD化の方法を模索していたのがバカらしくなるぐらいに。

d090303.jpg
とっちらかってますが、こんな感じで作業してます。コードうねうねですねww

もちろん映像を色々と編集したりしたい人には向かないだろうケド、私には充分。いいお買物でした。これで娘が生まれてから撮り溜めてきたビデオテープをまずはDVD化し、さらにはDVDからハードディスクにも保存することもできます。大切は映像をあちこちにバックアップがとれると思うとなんだかホットしました。

そしてDVD化作業は4日間で完了しました~♪
本当にいい仕事をしてくれたわ。しばらくは箱に入ってお休みいただきますわ。

d090308.jpg
そんなに撮ってないと思っていたけどビデオテープは18本あったわ。上のビデオテープをすべてしたのDVDにダビングできましたー。テープの方は殴り書きで撮影時期のラベルをつけたけど、DVDの方はまだこれから。ここから放置しそうな気がするけどちゃんとしておかないといけないですね。

操作は簡単だったものの、時間はそれなりに掛かりました。本当にちゃんと進んでいるかチョコチョコ確認しながらの作業だったので(←機械を信用してない^^;)、録画時間=作業時間になっちゃったわ。

でもそのおかげで、小さい頃の娘に再会できました♪
しばし思い出に浸り幸せな気分を味わえましたわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。